【ポケモンGO】フーディンモンスター紹介(リセマラ当たり)…

フーディン

ユンゲラーの進化形。

知能指数5000。両手にスプーンを持つようになり、

髭はユンゲラーよりも長く伸びている。

額の星マークと腹部の縦波の模様は消え、

尾も退化し、体重が減っている。

第四世代ではユンゲラーと同様、メスは髭が短い。

知能指数が5000なだけあって脳が大きくて頭が重く、

首だけでは支えきれないため自身の超能力(念力)で支えている。

また、身体を動かすのもほとんど筋肉を使わず超能力を用いている。

実は『赤・緑・青・ピカチュウ』では薄らではあるものの額に✡(六芒星)のような意匠があるが、

『金・銀』以降ではそれが消えている。

名前の由来は恐らく「脱出王」の異名を持つ

アメリカで最も有名な奇術師ハリー・フーディーニ。

マジシャンとしての知識と洞察力で「超能力」や「霊能力」のトリックを見破ったことでも有名な人物。

進化前のポケモン二種の元ネタが超能力者を自称する人物であったことを踏まえると意味深なモチーフである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)